スズメバチ駆除は種類を見極めた上で業者へ退治してもらうのが有効

土中に巣を作る蜂!緑の多い場所は要注意

都心部は住宅の下がコンクリートで舗装されているため、屋根の下などの場所にスズメバチが巣を作ることが多いです。しかし自然が残っている場所は地面が舗装されておらず土がむき出しのため、蜂の好む場所となっています。山などへ出かけた際は、特に注意が必要で知らず知らずのうちに巣へと近づきスズメバチに襲われる危険が高まります。スズメバチを見つけたときは、地中に巣がある場合があるので、近づかずスズメバチ駆除を依頼しましょう。

危険なスズメバチの主な種類

オオスズメバチ
体長が大きくて腰や背中の部分が黄色いのがオオスズメバチの特徴であり、攻撃的で毒性も強いため最も危険性が高いハチといえます。
キイロスズメバチ
日本で生息しているスズメバチの中では最も体長が小さいですが、攻撃的であるため襲われると大怪我を負う可能性が高いです。最近では都心部でもよく目撃されています。
ヒメスズメバチ
体長が大きくて腹部の先端部分が黒いのは、ヒメスズメバチの特徴です。攻撃性が低いため巣を刺激したり、こちらから蜂に危害を与えたりしない限り襲われることはありません。

小さい巣でもスズメバチ駆除は業者に相談

間違えたスズメバチ駆除は危険が伴う

自宅で発見した蜂の巣が小さいからと個人で蜂退治を実施すると、蜂に刺されて大怪我を負ってしまう可能性があります。そのため発見した巣の大きさがどのようなサイズであっても、蜂の駆除は専門業者の方に依頼するのがベストです。間違えた方法で駆除を実施してしまうと、蜂による被害が大きくなってしまう可能性が高いです。

見積もりを依頼して業者に依頼しよう

お金

スズメバチ駆除を行なっている業者の中には、無料で作業見積もりを計算してくれる業者も存在しています。無料見積もりを依頼しておけば蜂の駆除にかかる費用や時間を事前に確認することができ、スムーズに作業を完了させることができます。どれくらいの資金が必要になるのか気になる方は、直接相談してみましょう。

TOPボタン