スズメバチ駆除後の対策なら蜂を寄せ付けない防衛策がオススメ

蜂の巣ができにくい環境にしよう

スズメバチは同じ場所に巣を作る習性があるため、きちんと駆除を実施しておかないと新しい巣が作られてしまう可能性が高いです。そのため自宅や庭で蜂を駆除した場合は、蜂が巣を再建しないように対策を実施しましょう。

簡単な3つの防衛策

蜂対策用スプレー
蜂の巣を駆除した後に蜂対策用スプレーを使って巣のできそうな場所をコーティングしておけば、住宅や庭に巣が作られるのを防ぐことができます。蜂対策用スプレーには蜂を寄せ付けない効果がありますが、長期間効果を発揮するには定期的なスプレーの散布が必要不可欠になります。害虫対策用スプレーのハチアブマグナムジェットは強力な駆除剤であり、離れた場所からでも巣を駆除することができます。どのようなタイプの蜂にもしっかりと効果を発揮することができるため、スズメバチなどの狂暴な蜂にも有効なグッズとして人気です。
テープやシートで保護
健康面を重視して薬などを使わずに蜂の巣再建を防ぎたい場合は、テープやシートを使うといいです。蜂が巣を作りそうな場所に、壁を覆うシートやテープがあると巣を作るときの邪魔となり蜂にとって最適な場所ではなくなるのです。そのため、このような対策をしてある場所には蜂は寄り付かず巣ができないのです。
蜂避けに効果があるグッズ
蜂が寄ってこないように果物や花の香りがする香水や洗剤を取り除いておけば、蜂が住宅周辺に近づくのを予防することが可能です。また、ハッカ油は人体に対して有害な成分は一切含まれていないため、外出時などに身体へ吹きかけることで蜂が近寄ってくるのを防ぐことができます。他のグッズに比べて手頃な値段で購入することができるため、資金を多く所有していない方にも最適なグッズです。

TOPボタン