スズメバチ駆除は戻り蜂に備えることも大切

蜂の帰巣本能~巣のあった場所をおぼえている!~

外にいる蜂

蜂の巣を駆除することは専門業者に依頼することで簡単に実現することができますが、巣を撤去した場合駆除しきれなかった蜂が周辺に残ってしまうことが多いです。蜂には帰巣本能が備わっており、遠く離れた場所へ飛び立っても自分の住んでいる巣へきちんと帰ることができます。そのためスズメバチ駆除した場合は巣へ帰ってくる蜂に注意し、襲われないように対処しなければなりません。

戻り蜂の危険性

帰る場所を無くした蜂はとても狂暴で攻撃的であり、人が近づくと積極的に攻撃を仕掛けてくる可能性が高いです。こうした特徴を持つ蜂は戻り蜂と呼ばれており、戻り蜂は一週間ほど巣があった場所を飛び回ります。

スズメバチ駆除をしたのに蜂が戻ってきた(32歳/女性)

家の軒下にスズメバチの巣ができたので、自治体に依頼をして駆除してもらいました。なのに、またスッ実語にスズメバチが戻ってきて刺されてしまいました。結局、専門業者にもう一度依頼をして、現地調査と蜂避け対策をしてもらいました!

蜂に刺されないための対策

身近なハチの巣

蜂に刺されたくない場合は巣があった場所の周辺に近づかないようにし、戻り蜂を刺激しないようにしましょう。まれに巣があった場所にまた新しい巣が作られてしまうことがありますが、作られたばかりの巣は小規模であるため危険性が低いためすぐに駆除することができます。

業者はどんな駆除をしてくれるのか

スズメバチ駆除を専門業者の方に依頼すると、まず業者の方が作業費用の見積もりを立てるために巣の状態や大きさなどを確認します。ほとんどの場合は電話相談の際に巣の大きさや形状などを聞くため、蜂の駆除を相談してからすぐに駆除費用を教えてもらうことが可能です。

専門業者のスズメバチ駆除

専門業者にスズメバチ駆除を依頼すると、どんな形で対応してもらえますか?
駆除の作業内容や料金に納得できた後に契約となり、蜂の巣を撤去してもらいます。蜂の駆除を取り扱っている業者は専門的な道具を多数用意しているため、蜂を退治する際に怪我をしたりする心配はありません。
また、巣を撤去した後は巣へ戻ってきた蜂もしっかり退治し、周辺住民が蜂の被害にあわないようにしっかりと対処します。業者によってはアフターサービスを行なっているので、依頼をしておけば巣の再発を防ぐことができます。
TOPボタン